雨の熊本駅前と、熊本市電訪問の記録。

昭和58年、春の旅行は西・南九州方面だったが、この時、ほんのひと時だけ熊本駅前で熊本市交通局=熊本市電の電車を眺めた。 この旅行唯一の雨、それも土砂降りで、雨に恐れをなした早々と退散したのが惜しまれるが、熊本市電にはこの前に一回訪問しているし、この後、何度か訪問することになるが、後半ではその時の写真も入れていきたい。 1207号車がやってくる。 昭和53年に改造された日本の路面電車…

続きを読む

南阿蘇鉄道を訪ねた日

この度の熊本・大分両県にわたる地震災害において、亡くなられたすべての方のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災されたすべての皆様が一日も早く普段の生活に戻られますよう、深くご祈念申し上げます。また、南阿蘇鉄道はじめ被災地の鉄道路線が一日も早く旧に復することができますようお祈り申し上げます。 昭和61年8月、すでに僕は国鉄は休職として、写真屋でアルバイトをしながら基礎を教えてもらっていて、なか…

続きを読む

奇跡の急行型電車も!七尾線近郊型電車。

北陸新幹線開業後、一般的には「国鉄急行型電車」は絶滅したと思われていた。 しかし、何の運命のいたずらか、413系近郊型電車の七尾線投入に伴い、この系列と同じ扱いを受けてきた急行型457系のクハ455が2両、413系とともに七尾線に転属、絶滅したはずの急行型が奇跡的に生き残るという事態になっている。今回はそのクハ455と、今現在の同僚ともいえる413系、そして一部が413系により置き換えられたと…

続きを読む

春のうた

はじめに・・本ブログの記事はIEでは「互換表示」をONにしてくだされば最適な状態で閲覧できます。スマホからの場合は最下部に「スマートフォン専用ページ」と表記がると思いますので、そこをクリックして専用ページにしてください。 なお、MS・Edgeでは写真に合わせて文章が表示されない状態になっています。 Facebookグループ、「国鉄・私鉄の思い出」では時に僕が「お題」を出して。参加されている方…

続きを読む

加悦鉄道、鉄道営業の記憶

加悦鉄道の在籍車両のすべては、今も「加悦SLの広場」で見ることができるし、一部は動態保存もなされ、時としてイベントで動く姿を見ることもできるので、「思い出」としてはそれほど珍しいものではない。 だが、今の加悦駅舎があるのはかつての鉱山駅跡地であり、加悦駅はかつては町の中心部にあった。 ここでは、営業していた当時の加悦鉄道をしのんでみたいと思う。 初めて訪問したのは京都からの急行列…

続きを読む