35∼40年前の加古川付近。

今回と次回で加古川・宝殿あたりの写真を見ていただこうと思う。 山陽本線のこの付近は僕にとって鉄道趣味を始めた原点ともいえる場所であり、これまでにも何度か本ブログには出している。今回も、既出の写真もあるが、データはすべて再スキャンし改めて画像処理による復元作業を行った。 今回は加古川駅前後のあたりの写真だ。 過去ログは以下の通り。 「加古川市野口町、山陽本線昭和58年・春「サロンカーなにわ…

続きを読む

昭和58年、南海電車大和川あたり

夏の暑い日だったと思う。 なぜにここを訪問したかは覚えていないが、その日の暑さだけは記憶にある。今回は主に高野線、阪堺線だ。(なお、前にも書いたが本ブログでは南海電鉄の車両で高野線6201系までの系列については、末尾の数時1の系列名を、本線10000系以降の系列については末尾の数字を0にした系列名を採用している。また今回、サザンの10000系車両は登場しない) 当時の主力、6001…

続きを読む

雨の熊本駅前と、熊本市電訪問の記録。

昭和58年、春の旅行は西・南九州方面だったが、この時、ほんのひと時だけ熊本駅前で熊本市交通局=熊本市電の電車を眺めた。 この旅行唯一の雨、それも土砂降りで、雨に恐れをなした早々と退散したのが惜しまれるが、熊本市電にはこの前に一回訪問しているし、この後、何度か訪問することになるが、後半ではその時の写真も入れていきたい。 1207号車がやってくる。 昭和53年に改造された日本の路面電車…

続きを読む

南阿蘇鉄道を訪ねた日

この度の熊本・大分両県にわたる地震災害において、亡くなられたすべての方のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災されたすべての皆様が一日も早く普段の生活に戻られますよう、深くご祈念申し上げます。また、南阿蘇鉄道はじめ被災地の鉄道路線が一日も早く旧に復することができますようお祈り申し上げます。 昭和61年8月、すでに僕は国鉄は休職として、写真屋でアルバイトをしながら基礎を教えてもらっていて、なか…

続きを読む

奇跡の急行型電車も!七尾線近郊型電車。

北陸新幹線開業後、一般的には「国鉄急行型電車」は絶滅したと思われていた。 しかし、何の運命のいたずらか、413系近郊型電車の七尾線投入に伴い、この系列と同じ扱いを受けてきた急行型457系のクハ455が2両、413系とともに七尾線に転属、絶滅したはずの急行型が奇跡的に生き残るという事態になっている。今回はそのクハ455と、今現在の同僚ともいえる413系、そして一部が413系により置き換えられたと…

続きを読む