秋のドライブ鉄散歩、加古川・加西。

昭和63年だったと思う。国鉄を退職、阪急六甲の写真スタジオに弟子入りして、休みの日にふらりとクルマでドライブに出かけた。しかし、そのクルマはまもなく手放し、以後は僕は結婚するまで自家用車を持たない身になったその前の写真だ。(この頃の写真は他にもいくつかあるので機会を見て出していきたい)   さて、最初に行った場所は加古川河畔、それも南端の山陽電鉄橋梁だ。3050系ニューアルミカ…

続きを読む

JR化後の福知山線、道場にて

武田尾という稀有な撮影地であり、また休日を楽しむ場所でもあった武田尾付近の名所を失ってから・・ それでも僕らはその車両の面白さに福知山線へ通い続けたが、どうも武田尾のような定点とはならなかった。 今回は三田・道場付近を取り上げる。撮影は207系が写っているから平成5年以降、平成7年ごろではないだろうか。 まず、三田付近にて、いまだ4連の207系、東西線直通はもう少し先のことだ。 …

続きを読む

長崎の夏は暑かった。

今からちょうど30年前、国鉄を退職前提の休職としていた夏、九州への旅をした。今の夏とさして変わらない猛烈な暑さの夏、とりわけ長崎はとにかく暑かった。(ただ、この旅行で、僕がどういうルートを取ったかが記憶にない。すでに愛用の夜行急行は全廃のあと、アルバムには芸備線のあとにいきなり甘木線、そして長崎が写っていて、さて・・新幹線で九州入りしたのだろうか) なお、長崎の「冬」はこちら。 撮影後30年…

続きを読む

35∼40年前の宝殿駅付近

はじめに:本ブログではブログサーバー側の事情により、IEでは「互換表示」をON、本ブログのアドレスを加えてご覧ください。Microsoft Edgeでは正しく表示されません。またスマートフォンでは「スマホ専用画面」でご覧ください。 前回に引き続き、今度は加古川の一つ西にある山陽本線宝殿駅だ。宝殿についても過去に何度も取り上げている。「宝殿駅」「宝殿駅西、法華山谷川付近」「宝殿駅、留置車両と列車…

続きを読む

35∼40年前の加古川付近。

今回と次回で加古川・宝殿あたりの写真を見ていただこうと思う。 山陽本線のこの付近は僕にとって鉄道趣味を始めた原点ともいえる場所であり、これまでにも何度か本ブログには出している。今回も、既出の写真もあるが、データはすべて再スキャンし改めて画像処理による復元作業を行った。 今回は加古川駅前後のあたりの写真だ。 過去ログは以下の通り。 「加古川市野口町、山陽本線昭和58年・春「サロンカーなにわ…

続きを読む