昭和57年、近鉄長谷寺

このブログでは近鉄は関西の鉄道で最も扱いが少ないのだけれど、若き日の僕が近鉄を避けていたわけではなく、むしろ、阪急・京阪あたりと同じような頻度で出かけている。 今回は昭和57年頃と思われる大阪線、長谷寺付近の写真だ。 当時主流の12200系「スナックカー」 このころでも登場からずいぶん年数がたっていたが、それでも国鉄特急のはるか上を行く上質な特急車だった。 こちら12410系…

続きを読む

2002年名古屋への旅

僕には過去二回、休鉄の時代があって、もちろん心としては鉄道ファンであるのだけれど、仕事と生活に追われた時代ということだ。 最初は1992年ころから2000年頃までのニューオータニ大阪でのカメラマン時代とそのあとの独立時代、次が2003年から2006年にかけての二回目の独立時代だ。 その中間、任されていた店が軌道に乗り、従業員も増え、自分も何とか休みをとれるようになった時代、隙間を縫っては近場…

続きを読む

中京競馬場へパノラマカーを見に行く

このブログでも過去に何度も取り上げている、かの、名車中の名車で、日本の鉄道業界においてもエポックメイキングな車両である名鉄のパノラマカー、その7000系は運用終了後に何か所かで保存されたが、南知多で保存されたものはとうに解体され、舞木のものは僕ら関西人ではなかなか見ることができない。 中京競馬場にあるらしいという噂は以前から伺っていたが、この春、友人たちが先に訪問したことで、僕自身も是非にも見…

続きを読む

別府鉄道、ある夏の日。

ネガを整理していて、別府鉄道のネガが出てきた。 以前、写真プリントよりスキャンしたモノが殆どだが、いまだ未公開のものもあり、以前、出したものも当時の未熟なシステムでの加工なので今一度、ここにそのネガすべてを出すことにした。 昭和58年ごろの別府港駅構内。 別府港の駅舎。 中学生が鉄道を見に行くと、冷たい麦茶を出してくれた思い出がある。 別府口駅の時刻表。 朝は早い…

続きを読む

国鉄高砂工場新系列客車の記録

今回は高砂工場でのシリーズ最終回、12・14・20・24系客車の写真だ。 ただ、あまり多くを撮影しておらず、しかも、「サロンカーなにわ」の写真が中心となること、お許し願いたい。 当時最新鋭だったオハネ25、走行距離が長く、頻繁に工場に入場していた。 このクルマは宮原所属、当時の「日本海」「つるぎ」の車両だろう。 こちらは向日町所属だから、九州特急のものだ。 50系との連結な…

続きを読む