阪堺電車住吉・神之木辺り

夏の阪堺電車、窓を開け放して活躍していたころ、本稿の撮影年代は「こうや号」30000系が登場し、阪堺501形が冷房電車となっているので昭和55年夏だと思う。 まずは上町線神之木電停辺りの雰囲気から。 帝塚山と住吉の間にあって、下町情緒いっぱいの街中で、当時ここで下車したのは京阪電車の顔をお店に使ったレストランがあったからだと記憶している。 153号。 昭和2年生まれの古豪。 …

続きを読む

鉄道車両の車内いろいろ

僕が国鉄時代には客車の車体偽造、特に内外装の仕事をしていたことは折に触れて書いたけれど、今回、一気に可能な限りの車両内部の写真を掲載する。 ただ、系統立てるのも面倒だし、論文ではなくあくまでも趣味の世界であるので、シャッフルしてぐちゃぐちゃの状態で見ていただいたほうがおもしろいと思う。 まずは103系冷房装備車の車内。 リニア・鉄道館に保存のモハ52. そのクモハ52…

続きを読む

2002年名古屋への旅

僕には過去二回、休鉄の時代があって、もちろん心としては鉄道ファンであるのだけれど、仕事と生活に追われた時代ということだ。 最初は1992年ころから2000年頃までのニューオータニ大阪でのカメラマン時代とそのあとの独立時代、次が2003年から2006年にかけての二回目の独立時代だ。 その中間、任されていた店が軌道に乗り、従業員も増え、自分も何とか休みをとれるようになった時代、隙間を縫っては近場…

続きを読む

中京競馬場へパノラマカーを見に行く

このブログでも過去に何度も取り上げている、かの、名車中の名車で、日本の鉄道業界においてもエポックメイキングな車両である名鉄のパノラマカー、その7000系は運用終了後に何か所かで保存されたが、南知多で保存されたものはとうに解体され、舞木のものは僕ら関西人ではなかなか見ることができない。 中京競馬場にあるらしいという噂は以前から伺っていたが、この春、友人たちが先に訪問したことで、僕自身も是非にも見…

続きを読む

国鉄高砂工場、特急・急行気動車の記録

今回は気動車の残り、特急・急行気動車の写真だ。 まずは今、鉄道博物館で保存されているキハ81の写真から。 キハ81は、残り2両が名古屋・天王寺直通の「くろしお」で使われていた。 最後の2両は3と5だ。 今、鉄道博物館に居るキハ813から。 こちらはサイド、後ろのキハ58は全検、キハ81は廃車で入場したのに、なぜか、全検待機線に入れられていた。 で・・キハ815、このク…

続きを読む