2002年名古屋への旅

僕には過去二回、休鉄の時代があって、もちろん心としては鉄道ファンであるのだけれど、仕事と生活に追われた時代ということだ。 最初は1992年ころから2000年頃までのニューオータニ大阪でのカメラマン時代とそのあとの独立時代、次が2003年から2006年にかけての二回目の独立時代だ。 その中間、任されていた店が軌道に乗り、従業員も増え、自分も何とか休みをとれるようになった時代、隙間を縫っては近場…

続きを読む

中京競馬場へパノラマカーを見に行く

このブログでも過去に何度も取り上げている、かの、名車中の名車で、日本の鉄道業界においてもエポックメイキングな車両である名鉄のパノラマカー、その7000系は運用終了後に何か所かで保存されたが、南知多で保存されたものはとうに解体され、舞木のものは僕ら関西人ではなかなか見ることができない。 中京競馬場にあるらしいという噂は以前から伺っていたが、この春、友人たちが先に訪問したことで、僕自身も是非にも見…

続きを読む

国鉄高砂工場、特急・急行気動車の記録

今回は気動車の残り、特急・急行気動車の写真だ。 まずは今、鉄道博物館で保存されているキハ81の写真から。 キハ81は、残り2両が名古屋・天王寺直通の「くろしお」で使われていた。 最後の2両は3と5だ。 今、鉄道博物館に居るキハ813から。 こちらはサイド、後ろのキハ58は全検、キハ81は廃車で入場したのに、なぜか、全検待機線に入れられていた。 で・・キハ815、このク…

続きを読む

南海電車浜寺公園駅惜別情景(付・諏訪ノ森駅)

南海電車の浜寺公園駅は知る人ぞ知る明治期の木造建築の傑作で、のちに東京駅を手がけることになる辰野金吾博士の第一作だとも言われている。 明治40年7月の完成と記録にはある。 僕が小学生時代、2年間を泉大津で暮らしたのは既述のとおりだが、その頃とてこの駅舎の風格には心惹かれるものはあった。  さて、僕が写真を撮影し始めた当初・・この駅を撮影した写真だ。 駅舎正面・・ 当時の50ミリ標…

続きを読む

福岡市・貝塚公園のナハネフ22

30年近くぶりに九州を訪問した。今回は時間的経済的制約の中だったので福岡・熊本で鉄道の側面を眺めたに過ぎないが、その中でどうしてもここだけは見ておきたかった場所があった。市営地下鉄と西鉄貝塚線=旧宮地岳線の接続駅である貝塚駅すぐ近くの貝塚公園だ。そこに、かつて「かいもん」で使われていたナハネフ22が保存されていると聞いていたからだ。 8月20日、午後から福岡入りした僕は、最高気温が40℃…

続きを読む