221系の衝撃

昭和から平成に移行したそのころ、関西で実に衝撃的な電車が走り始めた。白い車体は縦に大きな、そして旧型電車のような幅の小さな4枚の連続窓(うち2枚は下降式、2枚は固定式)、その前後には戸袋窓もつき、3ドアでありながら転換クロスシートを主体としたオールクロスシート・・シンプルで上品な内装デザイン、柔らかな曲線で構成された正面形状や側面デザイン。外観デザインはJR西日本が投入した車両ではこれほど美し…

続きを読む