2020年06月03日

阪急6300系への想い

このブログでも僕はずっと、僕にとっての最高の「電車」と言えば、登場順に南海11001系(→1001系)、名鉄7000・7500系、京阪3000系(先代)、阪急6300系、国鉄117系であると公言してきた。
既に南海、名鉄はなく、京阪は富山に車体だけ移籍したものが残るだけ、国鉄は急速に数を減らし今や岡山と京都に塗装を変えた数本ずつが残るだけという有様である。(JR西日本が117系を改造して長距離列車を作り上げていて、イメージはとても良いとは思うが、僕が愛した関西急電色の新快速117系ではない)
その中で阪急6300系は、阪急電鉄の担当者にも深く愛されているようで、嵐山線に3編成、「京とれいん」に1編成が残り、まだ恵まれているのかもしれない。
だが、やはり僕にとっての6300系はずらり並んだ転換クロス、京阪間ノンストップのサービスであり、観光用、観光路線用と言うのは確かに好きな電車で今もわざわざ見に行くくらいだけど、心の底から僕が惚れ込んだあの時代、いやそのあとの、6300系が苦手な中間駅停車を担当するようになり如何にも苦労して走っていたあの時代でも、「特急」の表示を見れば、それだけでも元気が出る・・そんな電車ではないことは確かだ。

今回、特急用としては末期にあたるデジタルデータ、また一部プリントを取り出してみて、今でも会いたくて会いたくて仕方のない6300系特急の雄姿を思い起こしていきたいと思う。
まず、淀川を渡る夕景。
阪急夕景6300 (2).jpg

カッコいい!
心からそう思える電車。
美しい、心底惚れることのできる電車。
気持ちの良い、いつ乗ってもそう思えた電車。
どんな風に撮影しても、絵になる電車。
それが僕にとっての6300系だ。
阪急淀川夕景6300系編成(小.jpg

まず6350F、栄えあるトップナンバー編成だ。
20082008年の崇禅寺での崇禅寺でのカット、かつての崇禅寺もまた大阪市内よは思えぬ、緑豊かな心地よい駅だった。
2008阪急6350崇禅寺.JPG

その後追い。
2008阪急6450崇禅寺.JPG

2002年、桂にて、6350。
2002阪急6350桂.jpg

後追い。
2002阪急6450桂.jpg

こちらは2010年10月撮影、6連に短縮されても生き残り、オンシーズンの嵐山線直通用に走っていた頃。
梅田で。
20100503阪急6350臨時特急梅田.jpg

この一月後、このカットを撮影したくて十三に行った。
20101129十三阪急6450臨時特急全景.jpg

接近する。
この時が特急用原形の6300を見た最後かもしれない。
20101129十三阪急6450臨時快速特急.jpg

6351F、6300系特急末期のデータを探してみてもこのワンカットしか出てこなかった。
もしかしたら、最末期には一足早く嵐山線仕様への改造が進められていたのかもしれない。
2002年、南方で。
2002阪急6451南方.jpg

6352F、梅田折り返しの情景。
2008阪急6452梅田.JPG

崇禅寺。
2008阪急6352崇禅寺.JPG

後追い、梅田へ向けて走り去る。
2008阪急6452崇禅寺.JPG

6353F、この編成も特急末期にはあまり出会えていない。
上新庄にて。
2008阪急6353上新庄.JPG

6354F、今「京とれいん」で活躍する編成だが、特急時代のカットを。
2008年、梅田に進入。
長い編成は如何にも6300系だ。
2008阪急6354梅田.JPG

接近する。
2008阪急6354梅田進入.JPG

この電車に乗って桂へ。。
去り行く特急。
2008阪急6354桂.JPG

6355F、この編成からは新しいのに一足先に廃車されてしまった。
2002年、高槻市か・・
2002阪急6455茨木市.jpg

2008年の崇禅寺。
2008阪急6455崇禅寺.JPG


高槻市進入。
2008阪急6455高槻市.JPG

6355と6356が並んだ。
6300系ファンには狂喜するような光景だ。
2008阪急6355・6356高槻市.JPG

6356停車の風景。
2008阪急6356高槻市.JPG

南方で6356と5317がならぶ。
2008阪急6356・5317南方.JPG

6356、上新庄通過。
2008阪急上新庄6356.JPG

6357F、高槻市。
2008阪急6357茨木市.JPG

崇禅寺にて、対向の普通電車車内から。
2008阪急6357崇禅寺・淡路間.JPG

桂駅進入。
2008阪急6357桂.JPG

茨木市。
2008阪急6457茨木市.JPG

桂停車。
2008阪急6457桂.JPG

2008年、その桂で、嵐山線用となった6351Fと、間に5315を挟んで並ぶシーン。、
6300系特急最末期の様子だ。
2008阪急桂6357・6351・5315.JPG

6330F、6300系最後の増備車で7300系と合わせた編成になり、車内のつくりも美しさを増し、好きな電車だったが、意外にも撮影するときはなかなか来ず、用事で乗るときによく来てくれた電車だ。
2002年の南茨木にて。
2002阪急6430南茨木.jpg

後追い、梅田側の先頭パンタはこの編成だけだった。
2002阪急6330南茨木.jpg

電車は走り去っていく。
6300系で最も短い命だった編成だ。
阪急の電車は長生きが普通だが、この編成は僅か25年の命でしかなかった。
2002阪急6330南茨木Ⅱ.jpg

その後の6300系・・・
2011年末、正雀に留め置かれていた6350F、休車の札がかかっている。
20111224阪急正雀6350休車.jpg

車庫の裏側から・・復活してほしい・・その願いも虚しく、6350以外の車両は解体されてしまった。
残る6350の復元、保存を心から願う。
2011122阪急正雀6450休車.jpg

6351F、嵐山線桂での様子。
2008阪急桂6351.JPG

2009年の松尾。
20090530阪急6351松尾.jpg

2014年末、6352F、雪の松尾で。
20141218阪急6352松尾.jpg

6353F、この日はものすごい雪だった。
20141218嵐山阪急6453.jpg

桜の松尾、2013年。
20130401松尾阪急6353.jpg

6354F、「京とれいん」に抜擢された幸運な編成。
梅田へ入線。
当初は扇形のヘッドマークはなかった。
阪急6354入線梅田.jpg

十三にて6354。
0427十三19阪急6354京とれいん.JPG

十三へ進入、6454。
0427十三7阪急6454京とれいん.JPG

同じく十三にて。
0427十三18阪急6354京とれいん.JPG

「京とれいん」としての運用を終え、回送で正雀へ戻る6454。
この電車だけがかつての栄光を感じさせてくれる。
0104淡路阪急6454京とれいん回送.JPG

だが、6300系「京とれいん」も先行きはかなり不安でもある。
十三のホームドア工事により十三通過の「快速特急A」限定で運用されているが、阪急は全駅へのホームドア設置を目指していて、淡路高架完成時には間違いなく、運用を外されるとみている。
すでに「京とれいん」は、7000系の「雅楽」編成も完成していて、車体幅の問題から神戸線に入れない6300系とは異なり全区間で運用が可能、ホームドアにも対応している。
外観も6300系のイメージを上手に引き継いでいるし、内装はさらに凝っている。
この編成がもう一本あれば6354Fに存在意義がなくなってしまう。
20190427十三阪急7106京とれいん.jpg

名鉄7000・7500なき今、JR117系が原色で走らなくなった今、阪急6300系の残存4編成は富山で走る京阪3000系とともに僕の心を癒してくれるあの頃の憧れ、その最後の存在でもある。
セミクロス化されていてもいい、豪華な観光列車でもいい、6300系よどうか、一日も長く走ってほしい・・
その願いが天に届けと思うこの頃だ。
阪急淀川夕景6300系サイド1.jpg

夕景の中を走る梅田行き特急をこの文の〆としよう。
阪急淀川夕景6300系下り方サイド.jpg
posted by こう@電車おやじ at 20:28| Comment(2) | 関西私鉄の思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほんと、6300系はいい車両ですね。

私も以前は阪急京都線在住だったので、京都~大阪間途中無停車時代が懐かしいです。
昭和50~60年代は阪急6300系、国鉄117系、京阪3000系の黄金時代でした。

以前、阪急京都線は以前、西院駅、大宮駅の有効長が7両までしかなく、両駅では8両編成の車両は後部1両が締切扱いでした。
京都方面の6300系特急は早くも十三駅発車時に運転士さん、車掌さんともドアカットスイッチを扱い、次の大宮駅での締切対応を行っていたことを思い出します。

6300系の穴場は運転席後部の2人掛けロングシートで、河原町~梅田間で乗車していた友人は同じ2人掛けでも運転席後部のロングシートはクロスシート部より少し幅が広いために、こちらの方が楽とのことで、こちらに好んで乗っていました。
Posted by TM at 2020年06月13日 11:36
>TMさん

大宮での締め切り表示、懐かしいですね。
運転台後ろの二人掛け、あそこに窓がない時代、あの壁面に名画をかけて、そこで美女とイチャイチャなんてことを関西鉄道ファンの大御所が戯れに書いておられたのを思い出します。
Posted by こう@電車おやじ at 2020年07月05日 08:18
コメントを書く
コチラをクリックしてください