2020年05月12日

名鉄揖斐線ふたたび

名古屋鉄道揖斐線についても未公開のネガも見つかっているので、今回はこちらをご覧いただこうと思う。
なお過去ログには何度も登場している路線であり、検索して見ていただければ幸いである。

新岐阜での谷汲急行、モ511の顔。
名鉄511急行谷汲岐阜駅前.JPG

新岐阜駅前の停留所にモ515+モ526がはいっていく。
丸窓電車として有名で、在籍5両中、今も4両が保管されているという。
名鉄揖斐線515新岐阜.JPG

モ526の側を。
こちら520形は正面5枚窓以外の特徴が見えないことから保存はされていないが、実は大正12年1923年生まれの木造電車で、外板に鉄板を貼っただけの所謂ニセスチール車であり、鉄道線を走る電車としては大手私鉄最後の木造車だったのではないだろうか。

新岐阜駅前、今もたまにここに立ち寄るが、かつて電車が走っていたとは到底思えない雰囲気だ。
名鉄揖斐線526新岐阜.JPG

千手堂付近か、乗った電車(たぶん写真の526)から見た対向のモ511。
名鉄揖斐車内から511千手堂.JPG

丸窓急行電車は路面電車区間ではごく一部の停留所だけに停まり、忠節に着く。
広電己斐、西広島とよく似た構造だが、広電が一日中、人で賑わうのにこちらは電車が付いた時だけの賑わいだ。
モ513が停車する。
名鉄揖斐513忠節.JPG

市内線各停留所へはモ571へ乗り換え。
名鉄忠節571.JPG

モ526を上から。
名鉄526忠節乗降.JPG

モ523と市内線小型のモ562が出会う。
名鉄揖斐忠節523・。562.JPG

一度出した写真だが珍しいシーンなので・・ク2326、谷汲行急行に運用される。
名鉄2326臨時急行忠節.jpg

尻毛駅だろうか、当初、忠節・黒野間で急行運転がなされていて、行きたい下方には急行が停まらないので、乗り換えることもあったと思う。
電車はモ522。
名鉄揖斐522政田進入.JPG

尻毛駅。
名鉄尻毛駅舎.JPG

下方駅。
名鉄揖斐下方駅.JPG

広大な果樹園だろうか、ここの雰囲気が好きだった。
電車はモ513。
名鉄揖斐下方駅513.JPG

根尾川の河原から電車を見上げる。
名鉄揖斐下方510形下から.JPG

モ526・モ515が鉄橋を渡る。
名鉄揖斐526下方橋梁.JPG

モ512単行の急行で、谷汲急行のようだ。
名鉄岐阜512谷汲急行.jpg

ここでいつもなら鉄橋から金華山を望む写真を上げるのだが、今回は電車のシルエットを。
モ750形の二連、よく見ると番号は751・752になっている。
MMの編成は珍しかったのではないか。
名鉄揖斐750形×2下方2.JPG

電車は先へ進む、この2両が完全に写った写真が出てこない、うまく撮れていないのだろうが、惜しいことだ、その当時の僕。
名鉄揖斐750形×2.JPG

この撮影は昭和50年代後半だが当時とて貴重なシーンである。
名鉄揖斐750シルエット.JPG

モ750形もしくはモ700形と、ク2320形のコンビ。
・・まるでおとぎの国の電車だ。
名鉄揖斐750+2320シルエット2.JPG

揖斐線でよく見られた組み合わせだが、こうしてシルエットで見ると電車の形態の違いが面白い。
名古屋鉄道郊外線開業時の重厚な電車と、愛知電鉄出自の都市間電車の元祖でSRの流れの最初となった電7形を電装解除、組み合わせた編成は楽しく、丸窓電車でなくとも、十分に楽しめる揖斐線だった。
名鉄揖斐750形+2320形2.JPG

土手のほうへ電車が去る。
名鉄揖斐2320形+750形シルエット.JPG



こちらは丸窓電車モ510形+520形。
小さな電車が仲良く手を繋いでゆったり走る・・・
実際は急行運転ではかなりの速度(最高時速は65キロだった由)で走っていた。
名鉄揖斐510形+520形シルエット3下方.JPG

2両ともパンタグラフが上がっているが、実際はモ510形のみ、モーターを動かしている。
モ520形はサービス電源だけのために通電していた。
名鉄揖斐510形+520形シルエット3.JPG

この愉快なシルエットが急行電車だというのだから本当に楽しい。
名鉄揖斐510形+520形シルエット2.JPG

金華山を背景にした様子も・・ク2326。
名鉄尻毛2326.JPG

黒野、この路線の分岐点であり、最大の拠点でもある。
名鉄揖斐黒野事務所.JPG

車庫のモ702。
名鉄揖斐702黒.JPG


駅に停車するモ703。
名鉄揖斐703黒野.JPG

モ703のアップ、いい電車だ。
名鉄揖斐703黒野全景.JPG

こちらモ759。
名鉄揖斐759黒野.JPG

進入するモ523。
名鉄揖斐523黒野.JPG

モ512が後ろだ。
名鉄揖斐512黒野.JPG

留置されたモ523の正面。
名鉄揖斐523黒野縦.JPG

谷汲・・522。
なお、谷汲駅は以前のエントリーで詳しいのでそちらを。
http://kokutetu.seesaa.net/article/465075247.html
谷汲線は日中はモ700・750形の単行ばかり、急行乗り入れ時とはいえモ510形、520形は珍しかった気がする。
名鉄522谷汲.JPG

本揖斐駅舎。
大垣とのつながりが深い揖斐では、名鉄によって岐阜へ出る流れは少なかったのだろうか。
名鉄本揖斐駅.JPG

時刻表。
名鉄揖斐駅時刻表.JPG

停車するモ513。
名鉄513揖斐.JPG

サイド。
名鉄本揖斐513サイド.JPG

ホーム上屋が特徴的だ。
モ511・・
名鉄揖斐511s全景.JPG

モ511のアップ。
名鉄揖斐511.JPG

後ろはモ522だ。
名鉄揖斐522本揖斐.JPG

モ522が発車する。
名鉄揖斐522発車.JPG

僕らは揖斐線でこの景色を見ることができた。
それはものすごく運がよかったことなのかもしれない。

名鉄揖斐510+520シルエット.JPG

電車はモーターのうなりを上げ、せわしなく短いレールジョイントが響く。
あの記憶はもはや夢の中でしかない。
posted by こう@電車おやじ at 21:47| Comment(0) | 名鉄の思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください