2020年04月24日

信州の鉄道(その2)長野電鉄・国鉄大糸線

昭和57年だったと思うが、長野電鉄が都心部を地下化したというので、親友のO君とともに信州訪問の際に訪ねたと思う。
何処をどう回ったか記憶にないが権堂のビジネスホテルに深夜に到着し、食事をするところもなく困った思い出だけは残っている。
と言っても、地下化前の長電の訪問などは全くできておらず、僕としてはこの時が最初の訪問だったわけだ。

長電には到着した夜に一駅だけ乗ったが、特にこれという印象もなく、ごく普通の地下鉄だった。、
明けて、電車に乗るべく駅に行ったが運賃の高額さに驚き、須坂までしか行かなかったのではないだろうか。

須坂駅の様子。
東急5000系改め長電2500系が停車している。
この電車には乗車もできたが、中古車とは思えない素晴らしい整備状態に驚いたものだ。
長野電鉄須坂2508.JPG

転入改造が終わったばかりなのだろうか、2510が美しい姿で留置されている。
長野電鉄須坂2510.JPG

屋代線旧型電車、1552、堂々とした風貌だ。
長野電鉄須坂1552.JPG

ED5001、工事列車牽引状態で据え置かれていた。
昭和初期製造の自社発注電気機関車だ。
長野電鉄須坂ED5001.JPG

復元電車102と屋代線1000形だろうか。
102は後に上田交通へ転属していたが、もちろんこの時は長野にいたので上田での姿は僕は知らない。
長野電鉄須坂102・1000形.JPG

折り返し、長野へ戻る途中、たぶん村山という駅で降りたと思う。
千曲川の併用橋は絵にするのが難しく、その前後で撮影したと思う。
2000系特急車、名鉄5000の姉妹車だというがずっと洗練されていた。
長野電鉄村山2000系.JPG

後追い。。
長野電鉄村山2000系2.JPG

東急5000系改め2500系、2508。
長野電鉄村山2508.JPG

反対側は2558、東急5000系を生で見るのは実にこの長電が初めてだったがそのデザインの良さに惚れ惚れしたものだ。
長野の赤が勝ったツートンカラーが良く似合う。
長野電鉄村山2558.JPG

2500系4連がやってきた。
先頭は2501だ。
長野電鉄村山2501ほか4連.JPG

2000系特急車、一編成だけの三次車で、前面にスカートが付く。
長野電鉄村山2007.JPG

アップ。
いい顔立ちだ。
長野電鉄村山2007・2.JPG

去っていく。
これほどの電車を作れる会社、すごいなぁと感嘆したものだ。
なお、当時走っていたOSカーには前夜に乗れたが、写真は撮影出来ていない。
長野電鉄村山2008.JPG

順序が逆になるかもしれない、
大阪から夜行「ちくま」で行けば、最初に訪問したのが大糸線もしくは松本電鉄になると思う。
大糸線、以前にもエントリーしているが、今回見付けたネガデータもいれてみていただこうと思う。

ここは関西急電で活躍したモハ42系が大挙して走っている線区でぜひ一度、訪問したかったところだ。
松本駅に着くと、美しいクモハ60が迎えてくれた。
車体塗装はスカイブルーだ。
大糸線松本クモハ60.JPG

途中、車窓から流電第三次車、半流のクモハ43が見えた。
美しい・・・
大糸線安曇野クモハ43.JPG

駅名に惹かれ、安曇追分で降りたように思う。
大糸線安曇野駅クハ55ほか.JPG

ED60、1号機が北アルプスの山々を背景にやってくる。
大きな鳥が横切る。
大糸線安曇野ED601.JPG

ED601接近する。
背景は有明山だろうか。
大糸線安曇野ED601・2.JPG

165系急行、当時から僕の好みは特急よりは急行だった。
いかにも山男のイメージがある急行電車だ。
大糸線安曇野165系2.JPG

クハ55、クモハ43、サハ45、クモハ51からなる編成が北アルプスを背景にやってくる。
大糸線安曇野クハ55・クモハ43・クハ47」・クモハ51・2.JPG

接近する。
大糸線安曇野クハ55クモハ43ほか.JPG

この電車で折り返したのだろうか、クハ55のようだ。
大糸線安曇野クハ55.JPG

前回公開したカラーも。
クモユニ81、ファンから青坊と親しまれた。
81003が在籍していたが、本来は80系の一員だ。
大糸線クモハユニほか.jpg

接近する。
青い急型国電なんてとは思っていたが、実際に北アルプスを背景にしてみると、非常に美しい。
大糸線クモユニ81.jpg

クモユニ81003、北アルプスを背景にしたサイド。
大糸線クモハユニサイド.jpg

先頭はクモハ60だろうか、長い編成だ。
大糸線クハ55ほか全景.jpg

接近する。
大糸線クモハ40.jpg

中間のサハ45とサハ57、背景は北アルプス大天井岳、旧型客車にも劣らない素晴らしい旅情だ。
大糸線クハ47・サハ48.jpg


このあと、松本電鉄に立ち寄ったようだが、大糸線の感動冷めやらぬ中、あまりまともな写真は撮影していない。
一枚だけ三溝駅で撮影したもの。
松本電鉄三溝108.JPG

飯田線は以前エントリ―で二回で出ております。
そちらをご参照ください。
飯田線 昭和57年9月。

豊橋の電車たち・・(その1)飯田線。


posted by こう@電車おやじ at 22:08| Comment(2) | 国鉄・私鉄双方の思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 大糸線にクハ47は入っていません。2ドアのトレーラーはサロ格下げのサハ45ですね。クモニ付きの編成はクハ68の次がクモハ40、さらにサハ57というおもしろい組成になっています。
Posted by モハメイドペーパー at 2020年05月09日 20:35
>モハメイドペーパーさん

ありがとうございます。
当時の車両配置表で確認しました。
どうも頭の中で身延線とごっちゃになっているようです。
本文訂正いたします。
Posted by こう@電車おやじ at 2020年05月13日 06:47
コメントを書く
コチラをクリックしてください