国鉄高砂工場、特急・急行気動車の記録

今回は気動車の残り、特急・急行気動車の写真だ。
まずは今、鉄道博物館で保存されているキハ81の写真から。
キハ81は、残り2両が名古屋・天王寺直通の「くろしお」で使われていた。
最後の2両は3と5だ。
今、鉄道博物館に居るキハ813から。
新高砂工場キハ813左斜め.JPG

こちらはサイド、後ろのキハ58は全検、キハ81は廃車で入場したのに、なぜか、全検待機線に入れられていた。
新高砂工場キハ813右サイド.JPG

で・・キハ815、このクルマは当時の僕に時間があったらしく、かなり撮影している。
後ろにマニを従えた入場の様子。
マニは全検だ。
新高砂工場キハ815.JPG

車番部分、切り抜き数字はすでに外されているが、後を見ると確かにキハ815と読める。
新高砂工場キハ815車番部分.JPG

運転台。
こうしてみると、傾斜させたパノラマミックウィンドウが如何にもかっこいい。
新高砂工場キハ815運転台.JPG

台車。
やはり特急形ゆえ、151系電車と同構造のエアサスだ。
新高砂工場キハ815台車.JPG

右側面。
決して不細工などではない、特急形らしい格好良さと風格にあふれている。
新高砂工場キハ815右サイド斜め.JPG

テールライト部分。
造詣に苦心した当時のデザイナーや製作担当者の苦労がしのばれる。
新高砂工場キハ815テール.JPG

前頭部の右サイド。
こうしてみると、151系電車にも負けない風格を持っていたのがわかる。
新高砂工場キハ815顔右.JPG

左サイド。
向こうに全検のスハ43が見える。
新高砂工場キハ815顔サイド.JPG

左全景。
何度も言うが決して悪くない造形デザイン、キハ81は登場当時の混乱をいまだに語る人があるが、関西で「くろしお」電化まで使われたことを見ると、安定した良い車両だったのだろう。
新高砂工場キハ815左斜め.JPG

正面デザイン。
やはり当時としては151系よりはこちらのほうがずっと上に見えるデザインだったのではないだろうか。
新高砂工場キハ815正面.JPG

全般検査入場のキシ80、若番のキシ805。
新高砂工場キシ805.JPG

その車内。
全検前で荒れた感じはするが、カーテンが二種類設定されているのがわかる。
僕が「まつかぜ」で乗車したキシ80はカーテンは巻き上げ式だけになっていた。
新高砂工場キシ80車内.JPG

キシ8034のジャッキアップの様子。
全検入場車は、入場時にエンジンを交換してしまう。
新高砂工場キシ8034ジャッキアップ全景.JPG

そのエンジン、別に整備されたエンジンが用意される。
新高砂工場キシ80エンジン交換.JPG

妻部分。
車体断面が如何にも高速向けの特急車両だ。
新高砂工場キシ8034ジャッキアップ妻部.JPG

入場するキハ80。
トラバーサの上に居る。
高砂には入場、出場と、建屋内にトラバーサがあった。
新高砂工場キハ80入場トラバーサー.JPG

塗装作業中のキロ80、国鉄工場では先に濃い色を吹き付ける。
新高砂工場キロ80塗装工事.JPG

出車線のキハ806、初期型だが状態が良いのが残された(ことになっている)
新高砂工場キハ80入場トラバーサー.JPG

出車線、キロ80。
新車と変わらないほどに磨き上げられた優等車両。
新高砂工場キロ80出車建屋.JPG

出車作業中のキハ82、国鉄特急列車の看板だったこの顔は、後輩のキハ181も含めれば日本列島を走り回った。
新高砂工場キハ82出車建屋.JPG

こちらは廃車のキハ82、キハ8245と読めるが、この車番は北海道にいたクルマのはずで、何故にここにいるのか、未だによく分からない。
永年と言っても、車齢わずかに20年ほど、彼らに比べれば今の車両は随分長寿ではある。
新高砂工場キハ8245?.JPG

こちらはキハ28系列のキロ28、その更新工事の様子を・・・
下降窓の腐食が激しく、更新されることになったキロ28だが、オハネフ12などと同じく、下降窓の水抜き対策や、車体鋼体の材質に問題があった。
結局、腐食対策として更新されることになる。
キロ28、入場時の美しい外観、台車はキハ80系列から流用のエアサスになっている。
新高砂工場キロ2878天ワカ.JPG

更新のための解体が済んだ様子。
新高砂工場キロ2876天ワカ.JPG

最初は原形のまま、更新された。
新高砂工場キロ28下降窓更新主棟.JPG

だが、それでは問題の抜本的解決にならず、小さな二段窓に変更することになった。
その工事中の外観。
新高砂工場キロ28二段窓更新全景.JPG

こちら、メーカーから送られてきたユニット窓のひずみを取っているところ。
新高砂工場キロ28更新用窓枠.JPG

窓を取り付けたところ。
新高砂工場キロ28更新窓取り付け.JPG

車端部の様子。
新高砂工場キロ28更新窓差車端.JPG

車内から見た様子。
新高砂工場キロ28更新車内取り付け.JPG

更新工事中の車内。
徹底的に内装も新品になる。
新高砂工場キロ28更新車内.JPG

完成したキロ282190、当時は「きのくに」に使われていた。
新高砂工場キロ282190更新.JPG

こちら、キハ58ジャッキアップの様子。
キハ58339だ。
新高砂工場キハ58339主棟.JPG

入場建屋のキハ28、なぜか、こういう当時のメジャー車両はあまり撮影していない。
新高砂工場キハ28入場建屋.JPG

このあと、高砂にはキハ181、キユニ改造、キハ40シリーズなども入ってきたが、それらを撮影した記憶はないし、ネガは見つかっていない。

だんだん、高砂工場の居心地が悪くなっていった頃だ。
最後にもう一度、キハ81の雄姿を。。
新高砂工場キハ815別日.JPG

キハ81の最後の2両は解体前提で入場してきて、僕らも部品取りに入り、他の車両との共通の部品を外したものだ。
いつの間にか、キハ813が保存されることになり、けれど、本来は博物館での保存車両は元の受け持ち工場において整備する慣わしだったのに、現状のまま運搬され、業者によって復元がなされた。
それゆえか、京都で保存されている現車にはいくぶんかの誤りも見られるが、それはもう致し方のないことであろうか。

この記事へのコメント

  • TM

    これはまた、貴重な写真ですね。素晴らしいです。

    検査の途中とかは、一般にはなかなか見られないものです。
    特急車両の塗装の順序は、赤色から先に塗装しているんですね。先にクリーム色を塗装し、その次に色が濃くて下地が隠れやすい赤の順と思っていました。

    いつの時代も、全検出場直後の車両は塗装が輝いて美しいですね。歪みなく真っ直ぐに引かれた特急車両の窓周りの赤色、先頭のヒゲ部分、惚れ惚れして見ていたものです。
    2017年04月15日 15:09
  • あづまもぐら

    キハ81は単に特急用と云うよりは、「東北特急はつかり号」用を意識してのデザインであったのではと思います。
    151系の鼻先を絞ったスポーティーな都会的面持ちに対して、遥か彼方へと架線の無い鉄路だけが伸びる大地を驀進するに相応しい大陸的面持ちと云えます。
    上野駅で161系とき号とプラットフォームを挟んで並ぶはつかり号が瞼に甦ります。

    151系に大地に響くディーゼルエンジン音は似合わず、81系に軽快なモーター音も似合わぬと思えるのは、先入観からではないと確信します。
    2017年04月18日 03:24
  • L急行鷲羽

    キハ81、懐かしいです。はじめて同車を見たのは鉄道100年のS47です。羽越線電化に伴い“いなほ”から“くろしお”に充当されたためで、早速天王寺駅に撮影も兼ねて見に行きました。151系に比べると鈍重で、連結器のカバーもないのが拍車をかけて、都落ちしてきた車両という印象でした。当時は、天王寺ー名古屋間の“くろしお”に4両が運用されていました。
    S53の紀勢線新宮電化でキハ81が全廃になるというので、紀勢東線によく撮影に行ったものです。架線もなく、風光明媚な地区が多く楽しい思い出です。
     今でこそ、小型のハイパワーエンジンがありますが、当時の技術ではあれで精一杯だと思います。ディーゼルカーのエンジンはコンパクトに、更に床下に設置しなければならず、冷却が難しいです。また、構体の構造もそれなりで、剛性には欠けていたと想像できます。
    S52頃、全般検査を終えたキハ81を京都まで追っかけました。所属する和歌山区に回送される列車でピカピカでした。40年経過しますが、今でも鮮明に覚えています。
    2017年04月23日 22:54
  • こう@電車おやじ

    >TMさん

    私鉄の一部では濃い色を先に吹いてはいけないというところもありますが、国鉄はあくまでも作業のしやすさ優先、それでいて仕上がりは悪くはなかったように思います。
    模型も、先に濃い色を吹いてはいけないと聞いたことがあります。
    2017年04月28日 23:26
  • こう@電車おやじ

    >あづまもぐらさん

    たしかに、この後のキハ82とキハ81は、同じ気動車特急として整合性のあるデザインですね。
    そしてキハ81に九州特急は似合わず、というところでしょうか。
    2017年04月28日 23:51
  • こう@電車おやじ

    >L急行鷲羽さん

    わたしの場合、キハ81は何とか駅で見られたのが精一杯、高砂工場に配属されてすぐに廃車されたのですから、走行シーンを何度も見られたのはうらやましい限りです。
    同じエンジンをアレンジを変えていろいろな用途に使った当時の国鉄、それでも高速運転の連続でも無給油で突っ走る列車を作れたのは当時としてはすばらしいことだったのでしょうね。
    2017年04月28日 23:55
  • キハ58 737

     遅レスで失礼します。
     和歌山機関区で働いていた者です。
    キハ81は、最初6両全て東北から転配されて和歌山へ
    やってきました。
     厳しい気候と東北、上越で長距離、勾配、高速運転で酷使されのか、他の気動車と比べ疲れた車だと感じました。その後、4両が運用から外れ最後の2両で名古屋方へ各1両を運用していました。
     ブルドックと揶揄された独特なスタイルは、風格があり、前後にキハ81、キロ2両キシを従えた10両編成は、381系も現在の287系もこれには及ばないと思います。

     キシのカーテン付は、和歌山の車でしょうか
    確か「くろしお」はカーテン付だったと記憶しています。
     和歌山機関区の気動車は、きれいでした。
    高砂工場で入念に仕上げてくれたピカピカな車体と完全な機関、動伝部、制動機器と優秀な工場の技術を
    検修陣がそれを引き継いで整備し日々の安全、安心が保てていたと運転職場はそう思っておりました。
     JRで最後まで残ったキハ58 1114は、元和歌山機関区の車で高砂工場でお世話になった名機です。

     大変貴重で懐かしい画像を拝見させて頂きました。
    ありがとうございます。
    2017年05月14日 00:39