国鉄高砂工場、一般型気動車の記録

今回は高砂工場での気動車の写真を集めてみた。
ただ、写真の数が多いので今回は一般型、郵便・荷物用途のものとしたい。
なお、あくまでも仕事の休憩時間や終業後に、ぶらりと撮影したもので、決して系統だって撮影しているわけではない点、ご容赦いただきたい。
まずは10番台気動車から。

廃車解体待ちの車両キハ17110。
新高砂工場キハ17110.JPG

キハ17、番号不明。
朱色に塗られた車両も検査切れを待たずに解体。
新高砂工場キハ17朱.JPG

キユニ111これも解体待ち。
新高砂工場キユニ111.JPG

キハユニ151、岡山区のトップナンバーで、貫通型に改造されていた。
しかし、貫通化しても、まさか乗客を郵便室内に歩かせるわけにもいかず、どうやって貫通方式の利点を生かすつもりだったのだろう。
新高砂工場キハユニ151.JPG

その室内、10系気動車初期の、粗末な客室だ。
新高砂工場キハユニ151車内.JPG

キハユニ151、妻面。
新高砂工場キハユニ151妻.JPG

加古川線のアイドル的存在だったキハユニ153。
新高砂工場キハユニ153.JPG

キハ20、番号不明、工場の主棟でエンジンの積み替え中。
新高砂工場キハ20ジャッキアップ.JPG

鉄鋼職場の友人が彼自ら修理した箇所を指しているところ。
新高砂工場キハ20補修工事.JPG

キハ2085。
新高砂工場キハ2085.JPG

解体待ちのキハ20連結部。
標準色と朱色の連結。
新高砂工場キハ20連結部.JPG

キハ2031。
新高砂工場キハ2031.JPG

キハ2087。
僕は、国鉄が作った車両で一番の傑作を上げろといわれたら、迷うことなくこのキハ20を選ぶだろう。
新高砂工場キハ2087ほか.JPG

キハ26247、準急用だが、急行用とは運用でも一線を画していたので一般用の中で紹介する。
これは岡山区にいたクルマ、廃車解体待ちの様子。
新高砂工場キハ26247岡オカ.JPG

キハ26183、これも岡山のクルマ、伯備線電化による余剰車なのだろう。
新高砂工場キハ26183岡オカ.JPG

キハ26の廃車解体作業、その前段階、鋼体のみにする作業。
新高砂工場キハ26解体作業.JPG

その車内の様子。
天井以外のすべてが取り払われている。
壁面に白く映るのは、アスベストを吹き付けている様子。
だれも、アスベストを怖がらなかった国鉄の、今になって思えば能天気な作業。
新高砂工場キハ26解体車内.JPG

キユニ2612。
廃車解体待ち。
新高砂工場キハユニ2612.JPG

キユニ267、これも同上。
新高砂工場キユニ267.JPG

たぶん、キユニだと思うがその車内。
新高砂工場キユニ車内.JPG

キハ30系列。
通勤車両だが、閑散線区にも入り込み、不評を買っていたキハ30系列。
キハ35の主棟での作業。
新高砂工場キハ35主棟作業.JPG

検査入場待ちのキハ35。
入場トラバーサーの手前で待機している。
新高砂工場キハ35入場待機.JPG

新鋭、キハ371001、加古川線に投入されたが、試験投入の2両で終わった。
朝早くに見に行くと、霧に囲まれていた。
新高砂工場キハ371001斜め下から.JPG

少し時間を置いて撮影。
この気動車がスタンダードにならなかったのが悔やまれる。
すでにキハ40系列がいきわたり、電化も進展、キハ37の出番はなかった。
新高砂工場キハ371001.JPG

この記事へのコメント

  • L急行鷲羽

    鉄道車両には、断熱材、ブレーキ、電気装置にアスベストがよく使われていました。
    その当時は、私も毒性を知らず溶接した箇所をアスベストの布で断熱したものです。
    さらに厄介なのは絶縁用のPCBを含んだ電装品です。これは簡単に廃棄する訳にいかず、倉庫に保管しています。車両の解体時にはこれらに留意する必要があり、かっての様に養生もなく解体はできません。

     車両の解体は鉄道ファンにとって目をそむけたくなる光景ではないでしょうか。
    私の職場でも、JR北海道のキハ285系の製作に携わっていましたが、一度も営業運転をせずに廃車とは非常に残念です。構体を製作するには、事前に強度、構造、安全性等検証します。せっかくの労力も水の泡です。
    2017年04月06日 22:31
  • 風旅記

    こんばんは。
    貴重なお写真、楽しく拝見させて頂きました。
    次の記事にあります特急・急行型車両共々、魅力的な車両がたくさんあります。
    中には異端な車両で興味本位に観察したくなるものもあれば、他の路線かもしれませんが乗ったり見かけたりしたことがあって、検査直後の美しい姿に惚れ惚れしてしまうものもあります。
    廃車になってゆく車両を見るのは、やはり辛いものです。一方で、手を入れられて改造されたり保守の作業を受けている様子は、
    未来があって好きです。鉄でできた車両は、人の手によるメンテナンスを受け入れやすいのか、丁寧に補修された車体は本当に美しく仕上がっていますね。見ていて気持ちが良いです。
    風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/
    2017年04月15日 18:16
  • こう@電車おやじ

    >L急行鷲羽さん

    キハ285は革命的な車両として期待がかかっていただけに残念です。
    国鉄でもキハ91、DD54という例がありますね。
    実際の現場の方々の苦労が晴れるのは、手がけた車両が活躍する場面を見てのことだと思います。
    JR北海道については解決せねばならない問題ですが、会社への同情はありません。
    国鉄の悪いところを引き継いだようにも思ってしまいます。
    2017年04月28日 23:22
  • こう@電車おやじ

    >風旅記さん

    とにかく決められた期限のうちに美しく、可能な限り新車に近づけるのが目標でした。
    でも、ぼこぼこの車体に塗料がビカビカなんてのも、どうしようもなくありましたね・・・
    2017年04月28日 23:29