山陽850形さようなら運転の日ほか。

1983年と記録されている山陽850形のさようなら運転、僕は友人たちとその列車に乗る幸運に巡り合えた。
その日、幸運な乗客たちに特別に東二見車庫の公開が行われた。
今回はその写真だ。
まず、引退の日を飾ってもらえた855の編成。
288・854・855の三連だ。
東二見山陽855.JPG

同じ850形、一足早く運用離脱した852・853だが、270形との連結で中間車化されていた運転台側がみられた。
乗務員ドアは埋められているが、いかにも電車という顔つきがみられたのは嬉しかった。
東二見山陽852.JPG

2700系第一編成、2700・2701の姫路側2701、国鉄63形を車体載せ替えした車両で、ロクサンの面影は台車などに残るのみ。
東二見山陽2701.JPG

2700系は第一編成のみ2ドアで、その後は3ドアとして増備されたが、その3ドア車を高性能化した2300系が登場していた。
第一編成2300。
東二見山陽2300.JPG

こちらは姫路側のクハ、2600。
東二見山陽2600.JPG

当時は旧型車両の淘汰が急ピッチで行われていた。
中間車化されていた300系、301号が編成を外され顔を出す。
東二見山陽301.JPG

こちらはいまだ現役だった317号。
東二見山陽317.JPG

当時、入線したばかりの新車、3100号、密着自連を備え、連結解放の運用を前提として投入されたが、この編成の機能は使われることはなかった。
東二見山陽3100.JPG

違う構図で3100号。
東二見山陽3100B.JPG

保線列車編成のクト70。
東二見山陽クト70.JPG

保線列車の電動車はモワ5だった。
東二見山陽モワ5編成.JPG

この車両は兵庫電気軌道開業時の木造車の機器を利用して自社で製造されたもので、大きな扉が前後二か所あるのは車内に抵抗器が鎮座しているからだと聞いた。
東二見山陽モワ5.JPG

モワ5サイドビュー。
東二見山陽モワ5サイド.JPG

モワ5の表記。
東二見山陽モワ5表記.JPG

モワ1、山陽全車のトップナンバーを貰った電動貨車。
明石と姫路を結んだ神姫電鉄が開業に際して用意した車両で、この頃はまだ生き残っていた。
東二見山陽モワ1.JPG

モワ1の銘板。
東二見山陽モワ1銘板.JPG

モワ1とモワ5が連結はされていないが、顔を突き合わせた。
東二見山陽モワ1・5連結部.JPG

こちらは250形の生き残りで、255を改造した構内入換車。
「ビニール電車」と呼ばれた、当時としては画期的な車両だったようだ。
東二見山陽入換車.JPG

入換車の反対側。
廃車車両のものだろうか、側扉らしき扉を貫通路につけ、おへそライト。
東二見山陽入換車反対側.JPG

当時、車庫の開放は大変珍しく、僕たちは興味津々で見て回ったものだ。
ついでに、西代車庫にあった830号。
全身が濃いブルーに塗られた塗装試験車だったようで、山陽がこの一色塗を採用しなくてよかったと思っているけれど、今ならさしずめ富山の413系ということになるだろうか。
西代山陽830.JPG

さらに、線路が続くずっと東、阪急電車のの西宮車庫・・
ここにあった電動貨車、4203号。
箕面有馬1形の33号がその前身らしい。
西宮車庫阪急4203.JPG

920系947の出庫準備だろうか。
西宮車庫阪急947.JPG

いかにも電車然とした釣りかけ車のあの、古武士のような雰囲気を味わえた僕らは、もしかしたら幸せだったのかも。。。

この記事へのコメント

  • キッコーマン専用線

    私は、この前の820型のラストランお別れ運転に乗車しました。このころの山陽は今から思えば多種多様の車両がいたもので、名優揃い踏みの最後の時代かと。懐かしいの一言です。
    2017年01月27日 17:34
  • こう@電車おやじ

    >キッコーマン専用線さん

    当時の山陽の旧型車はいつもきれいで、それがこうしてみると写真にも出ていますね。
    今に比すとかなり元気だったあの頃、山陽電車の賑わい、もう一度と願ってやみません。
    2017年02月13日 13:18