JR化後の福知山線、道場にて

武田尾という稀有な撮影地であり、また休日を楽しむ場所でもあった武田尾付近の名所を失ってから・・


それでも僕らはその車両の面白さに福知山線へ通い続けたが、どうも武田尾のような定点とはならなかった。


今回は三田・道場付近を取り上げる。
撮影は207系が写っているから平成5年以降、平成7年ごろではないだろうか。


H7207_2


まず、三田付近にて、いまだ4連の207系、東西線直通はもう少し先のことだ。


H7


エーデル北近畿、キハ65の改造車で急行型から特急への格上げだ。


H72


こちらは「エーデル北近畿」の5連。


H7_2


キハ28・58も最後の活躍をしていた。


電化の際に改めて設定された急行「みやづ」、宮福線直通列車で2連だった。



H765183


道場付近で・・「エーデル丹後」が183系の後尾についている様子。
エーデルシリーズ最初の改造で、客室窓割が大きく変更されたのが目立つ。



H765


「エーデル北近畿」、5連だが中間にキハ58が挿入されている。



H765_2


こちらも183系の後尾についているキハ65「エーデル丹後」



H765_3


こちらも「北近畿」183系の後尾のキハ65「エーデル北近畿」


H7103


道場手前の山間を行く黄色の103系。電化完成により大増発を遂げた普通電車だが、当初の6連からこの当時は4連に減車されていた。


H7103b


下り103系普通電車が接近する。



H7103c


こちらは上り電車、これら103系は事故廃車になった1両を除けば今、大阪環状線で最後の活躍をしている。



H7117100


117系、ブルーライナー、レッドライナーに続き、福知山線は緑の帯を締めた117系が快速として活躍。


H7117100b


福知山線快速は基本117系の6連での運用だった。


H7117100_2


セミクロス改造された117系だが、この線区には似合っていたように思う。


H7117


117系電車のサイド。緑の沿線に良く似合う。



H7113


こちら、113系、当初の強烈な黄色塗装から、ずいぶん穏やかな色合いに変わっていた。



H7183


紀勢線投入485系を再改造した183系、よく見ると後ろにキハ65をつないだ編成のようだ。



H718365


こちらも183系と後ろにキハ65。。。



H7207_3


そして207系。


質実剛健の国鉄通勤型との大きな差を感じた新車だった。



2015381


昨年、久々に道場駅付近を訪れたが、久々すぎて昔に撮影した場所がわからず、駅のすぐ近くで撮影した。


置き換え直前の381系電車・・183系を置き換えるために一時的に紀勢線から転属してきていたものだ。


2015223207


223系丹波路快速と207系の普通電車の出会い。


主役は完全に変わってしまった。



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック