宝殿駅西、法華山谷川付近。

僕がカメラを持って列車を撮影するようになったのは、加古川市に在住していた中学生時代で、特に自宅にほど近い宝殿駅周辺ではよく撮影した。 何度かこのあたりで国鉄はこのブログでエントリーしている。 「宝殿駅周辺の電気機関車たち」「宝殿駅周辺の列車たち」「宝殿駅、留置車両と列車たち」 以上もご参考くださればと思う。 今回は宝殿と曽根のちょうど中間あたり、今、姫路バイパスと国道2号が交差するあたりの写…

続きを読む

追憶、京都市電。

京阪神の各都市には市電が走っていた。 ただ、僕はそのどれも記憶には濃いのだけれど、残念ながら大阪・神戸の市電は僕がカメラを持つ以前に廃止され、ぎりぎりで間に合ったのが京都市電だった。 京都市電の廃止は昭和53年、僕がようやくカメラを得て京都に通いだしたのは昭和50年からで、神戸市電と京都市電の廃止が6年しか違わないのに、僕の個人データに神戸市電がまったく存在しないのはこのためだ。 さて、京都…

続きを読む

昭和59年9月、三重の国鉄。

近鉄の三重での様子を見ていただいたからと言うわけではないが、今回は三重の国鉄を見ていただこうと思う。 時期的には急行「志摩」が走り、草津線、桜井線が電化なった時期、写真の記録状態から昭和59年9月ごろではないかと思う。 さて、近鉄伊賀線を見た後、伊賀上野・柘植・草津と回り、京都で京阪電車の夜遅い特急に乗り、天王寺から12系客車の「はやたま」から変更された通称「新宮夜行」に乗り、新宮から紀勢本線…

続きを読む