琴電、昭和50年代。

高松琴平電鉄=琴電を初めて訪問したのは昭和51年の夏、工作一科で同期になった友人の自宅を訪問した時だ。 以後、数年を開けずに琴電は訪問していて、今回はその中から当時の本当に様々な表情の電車を見ていただきたいと思う。 琴電訪問はいつも夜行「鷲羽」で、この列車の廃止後、しばらく琴電から遠ざかってしまった。 さて、その琴電は、地方私鉄では珍しい標準軌の電鉄で、関西や関東・中部の大手私鉄からだけではな…

続きを読む

昭和54年、伊予鉄道。

四国シリーズの二回目は愛媛県の伊予鉄道。 伊予鉄道にはこのとき、二回目の訪問で、この前年に訪問した時に多くを見られなかったことが心残りで再訪したと思う。 (最初の訪問時の写真ままた別の機会に) まずは充実した路線網のある市内線から。 国鉄駅前、市駅前、市役所前、道後温泉、城北線と見て回ったように記憶しているが、撮影場所の記憶はすでに曖昧で、本文中にも間違いがあるかもしれない、ご指摘いただけ…

続きを読む