神戸市電の残照を追って。

これまでもこのブログでは広島に行ったクルマを中心に神戸市電を取り上げてきたけれど、ウェブページ時代から10周年を経たのを記念して、これを期にこれまで訪問した神戸市電の生き残りや保存車両、あるいはすでに残骸に近くなっているものも含めて知る限りにおいてまとめてみたい。 僕は神戸・湊川の生まれで、いつもすぐ近くに市電が走っていた。 多分、僕が生まれて最初に認識した「鉄道」は神戸市電で、それが故、僕…

続きを読む

117系電車の変遷

11月21日で拙ウェブサイト「こうワールド」http://www4.ocn.ne.jp/~e-maiko/が丸10年を迎えます。 このウェブサイトのコンテンツの一つとして用意したのが「国鉄の思い出」でした。 後に、このコンテンツの記事をブログに移設、さらに、ブログ運営会社の都合によるアドレス変更で移設される際に、私鉄の部分をあわせ、「国鉄・私鉄の思い出」としました。 この間、10年にわたる…

続きを読む

改めて、加古川駅。

加古川駅は以前にもエントリーしているけれど、今回、別のネガフィルムが見つかり、これを見ればかつての構内の様子も分かるので、改めて、以前紹介した写真も含めてまとめてみたい。 国鉄時代の写真から。 117系下り新快速が1番線ホームに入る。 加古川線ホームのキハユニ15、これはキハユニ15 3で、正面窓が独特の雰囲気。 側面も客車のような一段窓。 こちらはキハユニ15 6で大きな窓が…

続きを読む

山陰本線宍道、来待あたり

今回は昭和57年に伯備線・山陰本線一部電化開業されたその後の・・宍道・来待付近を散歩しながら撮影した写真だ。 通常、鉄道路線が電化開業される場合、その両端の何処からか・・つまり端から電化されるのが常だ。 もっとも、勾配区間で電気機関車の補機をつけるためにその区間だけ電化する・・信越線・奥羽線の例があるけれども、そういう例外を除けば真ん中の区間が先に電化されるのはあまり例がないかもしれない。 伯備…

続きを読む