阪急伊丹線、920・1100系の頃

阪急伊丹線は神戸本線塚口から北へ延びる支線で、神戸線が伊丹を通過するはずだったのが、距離の関係でやや南を通過したために、伊丹への利便性を図るために神戸本線と同時に開業した路線だ。距離はわずかに3キロあまり、当初から宝塚への延長も考えられていたようで、路線はまっすぐ・・塚口駅付近の分岐急カーブと終点の伊丹のゆるいカーブがあるだけで、それなりにスピードも出るし、複線で立派なツクリはぱっと見た目には…

続きを読む

宮津線・宮福鉄道・北近畿タンゴ鉄道とタンゴエクスプローラー

   宮津線に通うようになったのはやはり、福知山線が電化され、面白みが減ってからだろうか。平成に入った年から頻繁に出かけている。ただ、この路線に神戸から行くのは鉄道ではどうしても大回りを強要され、最初の一回を除いてはいつもクルマで現地まで行ってから撮影なり乗車なりをしていた。今回はJR化後の宮津線・宮福線と、先だってのダイヤ改正で定期運用が終了した看板列車「タンゴエクスプロー…

続きを読む

水間鉄道

本年で開業88年になる老舗の中小私鉄だ。もともとは水間観音への参拝鉄道として建設されたものの、沿線の都市化に伴い、通勤鉄道へと変貌、さらに、接続する南海本線がJR阪和線の強烈な攻勢に半ば屈する中、阪和線への接続を持たぬこの路線はいまや苦境にあるといえるかもしれない。 さて、今回紹介する写真は昭和54年ごろの撮影。カラーネガが原版だが、色情報は比較的残っていて、カラーのまま掲載する。 …

続きを読む