近江鉄道

  近江鉄道を始めてみたのは名古屋への卒業旅行のときか・・昭和51年の春、彦根駅で車庫に居並ぶ車両たちを見て、一刻も早く訪問したいと思ったものだ。 それ以後、何度となく訪れているが、神戸からは新快速でいけるとはいえ、その距離は中途半端で、いっそのこと名古屋や金沢へ行くほうがずっと気楽で、その分、どうしても名鉄や福鉄よりも頻度が落ちてしまう。 それでも、昭和51年ごろから55…

続きを読む

昭和51年、上野駅と東京駅の列車たち

今でも大阪駅などのホームで群がって列車を撮影する少年ファンを見ると、ついこの間までの自分の姿を見る思いがある。僕も確かに、駅のホームで列車の撮影をする少年レールファンだった。 今回は昭和51年に上野駅と東京駅で数度にわたって撮影した列車たちだ。撮影技法もわきまえず、ただ、列車の正面だけを撮ったものが多いがこれまた当時の記録でもある。うまくない写真ばかり出てくるがご容赦ください。 ま…

続きを読む

京阪3000系惜別の春(京阪旧3000系)

いよいよ京阪電鉄から「旧3000系」の引退が本年3月一杯までと正式に発表された。 (通常運行は3月10日まで、その後は惜別の臨時運行)関西の鉄道にあって、かつてサービスとスピードで競争を繰り広げた名車3車種のうち、ついにその一角がここで綻びることになったわけだ。関西鉄道の名車3車種とは、登場順に京阪3000系、阪急6300系、国鉄117系だ。 いずれも2ドア転換クロスで、主要都市間を…

続きを読む