153系から後継へ

  別の写真を探していて、ふっと・・153系と185系の「伊豆」の写真が出てきた。そこで、アルバムやネガから古い写真を引っ張り出して、153系の思い出に浸ってみた。 まずは185系が登場し、一時的に153系と185系の両方が急行「伊豆」で使われていたときの写真。 こちらは153系の「伊豆」サロを2両組み込んだ長大編成は東海道急行亡き後も、この系列の貫禄を示して余りある。 …

続きを読む

南海平野線

昭和55年に、地下鉄谷町線・阪神高速松原線と引き換えに廃止された鉄道だ。路面電車ということになっているが、併用軌道区間は阪堺線との接続区間のごく僅かしかなく、大半が専用軌道の郊外電車のような路線だった。 僕がはじめて撮影に訪れたときには、阪神高速の工事現場の真下を走り、そういえば、自分自身の鉄道ルーツともいえる神戸市電にも、似たような風景がああったのを思い出していた さて、平野線とい…

続きを読む

身延線

国鉄戦前の名車、横須賀線32系、関西の51系、それに42系の一部までもが揃って活躍していた線区が富士の麓、身延線だ。ただ。関西からの距離もあり、流電52系が活躍していた飯田線に比べると「行きたい」モードはぐんと低くなり、訪問は全部でも3回ほどだったと記憶する。 赤い車体の115系電車や旧型車体更新車も見に行っているが、今回出てきたネガは最初の訪問のものだ。 昭和55年当時、同じ沼津区…

続きを読む