LRTへの道、富山の鉄道

                                                       先ず、昭和55年、富山駅構内に留置されていたオハユニ6152の写真から・・当時、北陸線は有力な中規模の都市が連なる中、鉄道はようやく旧態依然とした姿を脱しつつあるときだった。 さて、本題に入る。富山で見たものといえばもちろん、当時、中小私鉄の雄だった富山地方鉄道線であることは間違…

続きを読む

岳南鉄道

富士の麓の岳南鉄道は二度、訪問している。 一度目は伊豆急や伊豆箱根と同じ昭和54年ごろ、もう一度は結婚前の最後の一人旅としての平成に入ってからだ。 いずれも駆け足旅行でもっと良く見ておくんだったと、今になって悔やむけれど仕方がない。先ずは最初の訪問時の写真から。 吉原に停車中の1103号。この電車は日本車両が地方私鉄向けに設計製造したなんとも好ましい形のシリーズで、同じ形態の…

続きを読む

宇部・小野田線の記憶

東の鶴見線を出したら、西は宇部・小野田線ということになるだろうか。 今回の写真は昭和51年から53年にかけての訪問によるものである。 14系座席車の夜行急行「阿蘇」で九州へ向かう途中、小郡駅の電留線に停車している旧型電車を見て、すぐにでもここで下車したくなった。そこは若さゆえの性急さ、たぶん、数ヶ月以内には早朝の小郡駅に下車していたはずだ。 時刻は午前4時10分。小郡駅始発は…

続きを読む