国鉄80系電車

国鉄が戦後すぐに、速く快適な長距離用の電車を目指して作り上げたのがこの系列だ。客車の基本レイアウトを採用したからか、車体は電車でありながら出入り台が車端にあって、車内にはずらりとクロスシートが並ぶ。ただし、通勤兼用と言うことは考えられていたようで、座席は当時のモハ51なみの「近郊型」サイズだった。 湘南型と呼ばれ、最初は東海道本線東京口の客車列車を置き換え、後に徐々に優等列車にも進出したけれど…

続きを読む

名鉄犬山橋と車両たち

昭和59年、名古屋鉄道=名鉄に画期的な新車が登場した。それまでの通勤汎用タイプ、SRシリーズから大きく進化した初めての有料特急専用車、8800系だ。 何かにつけて名鉄を見に行っていた僕は、友人とともに、この電車を見に行くことにした。ただ、当時の名鉄は一種混沌とした車両たちが活躍していて、戦前の流線型や戦後の更新車、国鉄へ乗り入れる気動車、ローカル線区の経営改善のためのレールバス、それに何よ…

続きを読む

宝殿駅周辺の列車たち

今回は僕にとって鉄道ファンとしての生き方を決めてくれた国鉄宝殿前後での列車の写真だ。宝殿駅そのものについては以前のエントリー「宝殿駅」をご覧戴きたい。撮影時期は昭和51年から55年頃までの写真だ。 宝殿は日本の地名には珍しくNで終わる発音で、これは駅名ともなった駅南西1キロ強のところにある本邦最高の自然石産地、そして巨石が水に浮かぶ奇景で有名な「石の宝殿」から来ている。僕は中学時代の大半を…

続きを読む