大井川鉄道旧型客車レポート

先日、7月23日に青春18切符で東京へ行く途中、時間を生み出して大井川鉄道の20年ぶりの訪問が実現した。 今回の訪問では何より客車に乗ることを第一義として、出来れば何両かの内外の写真を撮影しておきたいと思っていた。ただし、旅程の都合上、大井川鉄道に居られる時間はわずかで、その間に千頭まで行くとなると、単純に往復するしかない厳しい条件でもある。 夏休みとあって、窓口が大変混雑する金谷駅…

続きを読む

神戸市営地下鉄西神山手線の34年。

神戸市営地下鉄の開業は比較的最近だと思っているけれども、よくよく考えると昭和52年の開業だからすでに34年の月日が流れていることになる。 僕にとっては実は自宅の一番近くの鉄道・・それより近い位置に山陽新幹線が通っているが、これはただ通過しているだけで乗るには遠く新神戸か西明石へ出る必要があるから、実際に乗車できる鉄道では神戸市営地下鉄西神山手線が最も近いということになる。 さて、その…

続きを読む

昭和51年、姫路機関区でのDD54ほか。

関西鉄道学園鷹取分所での生活が始まってまもなく、担任であり国鉄部内ではディーゼルの専門家で通っていた高部先生と話をしていて、僕がDD54をじっくり眺めてみたいと言ったことがきっかけだったと思う。先生の紹介で姫路機関区を公式に訪問するチャンスが与えられた。もっとも、課外授業の一環であり、時間帯は先方が指定する時間帯、訪問時の服装は学生服となったけれども、鷹取・高砂工場以外の国鉄現場を見せてもらう非…

続きを読む

南部縦貫鉄道・十和田観光電鉄

前回エントリーの北海道初訪問の帰路、立ち寄ったのが青森県の4私鉄だ。よくも一日で4私鉄を回れたものだと、今となっては当時の自分に感心もするが、それだけ駆け足であり、見ておくべきものも見ていないのかもしれない。 まず、野辺地から南部縦貫鉄道。写真は野辺地駅に停車中のレールバス。 南部縦貫鉄道は遠大な構想の下に地元が出資して建設された鉄道だが、すぐに工事資金に窮し、行き詰ったといわれて…

続きを読む