加古川橋梁

兵庫県最大の川、加古川には一番河口に近いところから、国鉄高砂線、山陽電鉄、山陽新幹線、国鉄山陽本線、国鉄加古川線、神戸電鉄、さらに加古川線の谷川支線といくつもの鉄道の橋梁が続いていた。その中で、風景が変ってしまったといえば国鉄山陽本線の加古川橋梁だろう。 戦前の架橋技術が優秀であるがゆえに、年月を経ても列車の減速などは必要なく、特急列車などは高速で滑るようにこの橋梁を通過していた。 …

続きを読む

30年前の福井鉄道

国鉄に入社して最初の現場忘年会は北陸の山代温泉への小旅行だった。 初めてのどんちゃん騒ぎ、先輩諸氏の酒の強さに恐れおののきながら、男の宴会とはこう言うものだとのエロチシズムに戸惑いながら・・そして、仲居さんと先輩が一人ずつ消えていく奇妙な雰囲気に大人の世界の可笑しさを知ったその夜が明けて・・ 帰路は加賀温泉から「雷鳥」で大阪まで帰る予定になっていたが、北陸まで来たら一つくらいはローカ…

続きを読む