キハユニ15

昭和51年の車輌配置表によると、全国でキハユニ15は7両存在し、うち3両が加古川気動車区に配置され、1両が岡山気動車区に配置されていたから、高砂工場は全数の半分以上を担当していたことになる。といっても、僕は客車の担当だったからキハユニ15は、たまに入場して来ても物珍しく眺めるだけだった。 岡山にいたのが1で、これは客車形の1段窓、正面貫通型。加古川の3両のうち、3は湘南マスクだが、窓周り…

続きを読む

北陸鉄道を見に行った頃

北陸、石川県一円に壮大な鉄道網を持っていた北陸鉄道の存在は知っていても、あるいは北陸線を走る列車から眺めることはあっても、実際に北陸鉄道を見るための旅行が出来たのはずいぶん後になってからだと思う。タイミング的には北陸鉄道が驚くほど多くの路線を一気に廃止した時期の後であり、残っている路線は少なくなってはいたけれども、およそスマートとはいえない真っ赤とクリームの派手な塗り分けの電車が行き来している姿…

続きを読む