2018年07月12日

昭和56年夏、夜の大阪駅

この度の西日本大水害において、お亡くなりになられたすべての方のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災されたすべての皆様に謹んでお見舞い申し上げます。
また、分断されてしまった鉄道網の一日も早い復旧を祈ります。

8年前にこのブログで紹介した写真が中心だが、今回はネガを見つけることができたので、改めて当時の様子を順を覆って蘇らせてみたいと思う。

10番・11番ホームが上り優等列車のホームだった。
その11番ホームに佇む急行「きたぐに」青森行き、新潟回転となる10系寝台車の風情。
22:00発車だ。
オハネフ12。
S56大阪駅5きたぐに停車.JPG

オハネフ12の出入り台。
S56大阪駅1きたぐにオハネフ12サイド.JPG

こちらスハフ12。
S56大阪駅3きたぐにスハフ12サイド.JPG

寝台車を横目に、駅員が荷物を運ぶ。
荷物の取り扱い列車は、僕らが乗った「銀河」だろうか。
S56大阪駅2荷物係.JPG

「きたぐに」が発車していく。
最後尾は荷物車だ。
マニ36だろうか。。
S56大阪駅6きたぐにマニ.JPG

「きたぐに」が出た後にもホームにはたくさんの乗客が次の列車を待っている。
S56大阪駅7・11番線.JPG
そこへ入ってきたのは22:20発、「ちくま3号」、EF58がけん引する。
S56大阪駅8ちくま入線.JPG

後尾には12系に合わせてシステムを変更されたナハネフ23の姿が。
S56大阪駅10ちくまナハネフ23.JPG

その時、581系の列車が入線してきた。
当時はまだ、急行への使う車両ではなく、おそらく、「雷鳥」での使用車両を「明星」辺りに使うための回送だろうか。
S56大阪駅9・581系回送.JPG

こちらは「ちくま」臨時の12系だろうか。
そうだとしたら22:26発だ。
S56大阪駅13ちくま臨時・立山.JPG

向かいの11番に入っている列車は、475系であることから「立山5号」だろうか。
そうだとしたら、ずいぶん早い入線だ。

車掌さん、そして空いた列車。
当時、臨時列車は定期列車に比して、空いていることが多かった。
S56大阪駅12ちくま臨時12系.JPG

臨時「ちくま」に背を向け、女性が列車を待つ。
彼女が乗るのは僕らと同じ「銀河」だったのかもしれない。
S56大阪駅11ちくま臨時12系と女性.JPG


「きたぐに」のサイドを合成してみた。
当時、保有していたレンズでは引いてもなかなかワイド気味には写せなかった。
S56大阪駅きたぐに合成.jpg

夜の大阪駅は、人生の縮図のようなドラマの宝庫でもあった。
時代が移り、鉄道による夜行移動は縮小し、やがて廃止される。
2011年1月、12・14系から引き継いで、結局は最後まで永く581系だった「きたぐに」。

20110105大阪駅きたぐに581系.jpg

こちらは2011年12月の「日本海」、24系客車編成だ。
この列車は最後まで24系として以上の改善を行わずに運行された。
20111207大阪駅日本海客車編成オハネフ247.jpg

そして大阪駅始発最後の夜行列車。
「トワイライトエクスプレス」
20150202大阪駅トワイライトエクスプレスEF81113.jpg


大阪駅から乗れる夜行列車は上り「サンライズ瀬戸・出雲」一本のみ。
だが、鉄道に夜行列車がなくとも、夜行需要というのは確実に存在し、今、大阪駅の高速バスターミナルには非常に多くの夜行バスが発着する。
2013年に乗車した「広島ドリーム号」
かつての「雲仙西海」や「阿蘇くにさき」、あるいは「音戸」があれば、狭いバスの座席で窮屈な思いをしなくてもいいのにと、ちょっと思うが、昨今のバスは快適だ。
もはや鉄道に夜行需要が戻ることはないのだろうか。
20130819大阪駅山陽ドリーム.jpg

昭和56年、僕らが乗った「銀河」はいたって快適に‥熱海に着いた。
S56銀河・熱海.jpg

なぜ、鉄道の夜行便が成り立たないのだろう。
東海道・山陽・北陸・東北には十分な需要はあると思うのだが。
「銀河」が熱海から東京へ向けて走っていく。
S56銀河熱海発車.jpg
続きを読む
posted by こう@電車おやじ at 16:04| Comment(4) | 国鉄の思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月04日

京福電鉄嵐山線・・嵐電

京都市内に唯一、路面併用区間を残す通称・・嵐山電車・・略称・・嵐電
正式名称は京福電鉄嵐山線、このブログに登場するのは初めてだが、決して行かなかったわけではなく、むしろ神戸から気軽に阪急電車で行けるところであり、今現在も含め足しげく通うところでもある。

まずは僕の最初の一人での京都訪問・・
昭和51年の嵐山駅にて。
まだワンマン化されておらず、落ち着いた気品のあるモボ111が停車している。
嵐電51嵐山111.JPG

ここからは昭和55年ごろの夏の風景だ。
この頃も京都の夏は暑かった。
だが、その暑さの中に京都らしい涼やかな夏があったのかもしれない。

なお、今回の撮影場所は特に記載がない限り蚕ノ社からの三条通りや西院前後であること、ご承知いただければと思う。
西院(さい)に停車するモボ116号(以下、モボを略し数字のみとさせていただく・・ちなみにモボとは電動車のボギー車という意味だ)
嵐電S55西院116.JPG

その電車が通るのを通行人が待つ様子。
いかにも夏だ。
嵐電S55西院116と通行人.JPG

113号が行く。
電停には夏の装いの女性が。
嵐電S55三条通り113.JPG

その電車の正面窓から子供たちが顔を出す。
冷房のない時代、最高に涼しさを味わえる場所だ。
嵐電S55三条通り113と子供たち.JPG

これも113号、別の列車だろうか。
嵐電s55三条通り113.JPG

126号。
併用軌道を快走する。
嵐電S55三条通り126.JPG

501号。
501形は当時、嵐電ニューフェイスとして活躍が期待されたが、結局はドア位置の問題もあり、使いづらかったようだ。
今現在は2両が残るが、ドア位置は変更されている。
嵐電S55三条通り501.JPG
さて、専用軌道の方に足を進める。
106号が坂を上っていく。
向こうに見える高架橋は工事中の山陰本線だ。


嵐電S55四条大宮106.JPG

同じ場所を行く117号。
嵐電S55四条大宮117.JPG

住宅の間を113号が行く。
嵐電S55四条大宮113.JPG

ここからはずっと先の平成に入ってからの写真だ。
新型電車が登場し、それでもまだかつての嵐電の面影も残っていたころ、平成2年頃だと思う。
嵐電に来るといつも同じあたりで撮影する癖があり、この時も同じ地点での撮影だ。

新型621号。
嵐電H2三条通り621.JPG

こちらは504号、まだ何とか原形で走っていた。
嵐電H2三条通り504.JPG

113号、モボ111形もまだ元気だった。
嵐電H2三条通り113.JPG

301号、素っ気ないデザインの電車だが嵐電特有の落ち着きはしっかり持っていた。
嵐電H2三条通り101.JPG

専用軌道の113号。
嵐電H2蚕ノ社113.JPG

また504号が来てくれた。
嵐電h2三条通り504d.JPG

反対向き、この電車は当時の路面電車の流行を嵐電にうまく取り入れたものと思う。
嵐電H2三条通り504B.JPG

501号。
嵐電H2三条通り501.JPG


嵐山で発車を待つのは101号だろうか。
嵐電H2嵐山駅.JPG

嵐電は今も多少は近代化されたがあの頃の落ち着きを持っている。
京都は観光では関西三都市で独り勝ちの様相を呈し、平日でも日中は混雑していて、商売繁盛、喜ばしいことだ。

地下鉄やバスとの総合拠点となった天神川にて。
紫色になった614と615が出会う。
嵐電H27天神川614・615.jpg

だが、南海電車の緑色と同じく、嵐電は緑ではないのか・・
京紫に京都の風情を感じることができない僕には、やはり緑系の電車にほっとする。
江ノ電カラーを纏った631号、嵐電嵯峨にて。
嵐電H27嵯峨野駅前631.jpg
posted by こう@電車おやじ at 20:21| Comment(2) | 現況ルポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

祝園あたり、昭和50年代。

近鉄京都線と国鉄片町線が並走する、国鉄の祝園、近鉄の新祝園辺りが面白そうだと、何度か撮影にいった。
よく行く大阪線の長谷寺付近とは異なり、特急列車も短編成だったが、狭幅特急車も走るなどの面白みはあった。
10100系、新ビスタカーの奈良特急。
近鉄祝園10100.JPG

18000系ツリカケ特急車。
近鉄祝園18000.JPG

18200系、ミニエースカー。
近鉄祝園18200.JPG

18400系ミニスナックカー。
近鉄祝園18400.JPG


通勤車両も近鉄初期高性能通勤車の面影を残していた。
これは、京都線の規格拡大がまず通勤車に適用されていたため、奈良線からの転属車で占められていたのだろうか。
奈良線系統最初の大型車、900系911。近鉄祝園911.JPG

8000系8031。
近鉄祝園8031.JPG

8000系8588橿原神宮急行。
近鉄祝園8588.JPG

8000系8562、配の看板を付けている。
国鉄でいう配給電車のようなものだろうか。
近鉄祝園8562.JPG

並行する国鉄片町線をキハ20・10の2連が行く。
通勤幹線の風格を漂わせる近鉄の真横で如何にもローカル然とした列車が行く。
片町線祝園キハ20・10.JPG

国鉄祝園駅。
至近距離にある国鉄線の時代が20年ほど違うような錯覚に陥る。
国鉄祝園駅.JPG

その2年ほど後、訪問した時の記録。
900系のトップナンバーが行く。
近鉄祝園B901.JPG

特急車、10100系は引退した後で、見ることは叶わなかった。
18200系から。
2連の京伊特急。
近鉄祝園B18200.JPG

その特急の前頭部。
特徴ある屋根の形が目を引く。
近鉄祝園b18200Bサイド.JPG

こちらは4連の18200系京伊特急。
近鉄祝園B18200B.JPG

18400系。
近鉄祝園B18400.JPG

18400系京奈特急。
近鉄祝園B18400・2.JPG

新祝園の駅を通過する当時最新の8810系。
近鉄祝園B8915.JPG

その後追い。
近鉄祝園B8916.JPG

国鉄奈良線はキハ35シリーズの時代に入っていた。
国鉄祝園Bキハ35・36・1.JPG

通勤タイプになったとはいえ、かえってうら寂しさを感じるキハ35では、近鉄に存在感は示せなかっただろう。

国鉄祝園Bキハ35・36・2.JPG

12200系特急のサイド。
近鉄祝園B12200サイド.JPG


時折、近鉄。あるいは学研都市線と名を変えた片町線で通過するところではあり、車窓からは当時とさほど変わらぬ雰囲気が感じられる。
近いうちに再訪したいところではある。
18200系特急の後追い。
近鉄祝園B18200後追い.JPG

posted by こう@電車おやじ at 23:52| Comment(0) | 国鉄・私鉄双方の思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

昭和57年、伯備線電化後の布原

伯備線、電化直前の布原での様子は以前にこのブログで紹介した。
「電化直前の布原付近」

今回は電化後、二か月ほどしてからの訪問だ。
昭和57年9月と手元の記録にはある。
前回がモノクロばかりでやや結果に不満だったこともあり、今回はコダクロームを多用、また、モノクロのトライxも使っている。
コダクロームのASA(今のISO)64だと、今の撮影条件だと列車には厳しいが、当時は明るい短焦点レンズの時代、シャッター速度の1/250くらいは何とか使えたものだ。

そのコダクロームだが、当時から言われていた保存性は撮影後35年を経てもほとんど退色がない。


西川に沿って走るピカピカの新車、381系電車。
伯備線布原381俯瞰4.JPG

トンネルの上から俯瞰だろうか。
伯備線布原381俯瞰3.JPG

西川橋梁を渡る381系「やくも」
伯備線布原381俯瞰7.JPG

その後尾。
特急「やくも」は全国唯一の気動車エル特急だったが、この年の7月に最新鋭の振り子電車で電車特急の仲間入りをした・
伯備線布原381俯瞰6.JPG

信号所周辺に数件しかない人家の一件を背景に行く。
伯備線布原381俯瞰2.JPG

山の中を瀟洒な新型特急が行く。
伯備線布原381俯瞰1.JPG

西川橋梁を行く「やくも」を流してみた。
当時はニコンFM・FE辺りを中心に使っていたが、シャッター速度や絞りの変更は今のデジイチよりはるかに簡単で素早かった。
伯備線布原381俯瞰流し.JPG

カメラを変えてモノクロでの撮影。
山を分け入るように列車が進む。
伯備線布原bw381俯瞰B.JPG

気動車より。速くなったとはいえ、さして速度は出ていない。
伯備線布原bw381俯瞰C3.JPG

列車が接近する。
この場所の醍醐味はまるでレイアウトのように実物の列車を見下ろせることだ。
伯備線布原bw381俯瞰サイド2.JPG

さらに進む。
伯備線布原bw381俯瞰C3.JPG

人家の前を通る。
伯備線布原BW381俯瞰C2.JPG

西川にさしかかる。
伯備線布原bw381俯瞰C.JPG

川を渡る。
伯備線布原bw381俯瞰サイド.JPG

だがここは、特急列車だけではない楽しみもある。
貨物列車もその一つだ。
かつてD51の三重連で知られた有名撮影場所だが、この頃はDD51が重連で走る列車もあった。
茂みからDD51が重連で現れた。
伯備線布原bwDD51俯瞰.JPG

長い貨物列車を強力DD51が重連で牽引していく。
伯備線布原bwDD51重連貨物.JPG

ゆっくりとカメラを変え、カラーでも撮影できる。
伯備線布原DD51貨物俯瞰.JPG

またDD51が現れた。
伯備線布原DD51俯瞰.JPG

珍しい単機だ。
伯備線布原BWDD51単機俯瞰.JPG

今度は下り貨物列車、牽引は一機だ。
伯備線布原bwDD51貨物俯瞰.JPG

先へゆっくり進む。
伯備線布原BWDD51貨物俯瞰2.JPG

そして普通列車も・・
気動車は百鬼夜行的な伯備線列車は電車化されたが、いかにもローカル線然とした芸備線列車が健在だ。

旧来のキハ20・23という2両編成。
伯備線布原キハ20・23俯瞰.JPG

ゆっくり進む。
伯備線布原キハ20・23俯瞰2.JPG

前後するがこちらが新見行きだろう。
木枝の間からキハ20と23が見えた。
伯備線布原bwキハ23・20俯瞰.JPG

キハ23が行く。
伯備線布原bwキハ23俯瞰.JPG

気動車の最新鋭、キハ47がやってきた。
伯備線布原キハ47俯瞰2.JPG

新型でもキハ47には旧来の気動車のイメージが残る。
伯備線布原キハ47俯瞰3.JPG

西川を渡るキハ47の2連。
伯備線布原キハ47俯瞰.JPG

伯備線普通列車は電車化され関東から転属の115系が中心になった。
当時は面白くなくなったと嘆いたものだが、今見るといいなぁと思う。
115系が田園の中を走る。
伯備線布原115俯瞰6連.JPG

あのモーター音を山々に木霊させて走ったことだろう。
伯備線布原115系俯瞰.JPG

足元のトンネルを115系が出てきた。
伯備線布原115俯瞰3.JPG

最後尾はクモニ143だ。
気動車時代もよくキハユニがつながっていた路線だけに電車化されてもクモニが必要だったのだろう。
伯備線布原クモニ俯瞰.JPG

モノクロで・・西川を渡る115系電車。
伯備線布原bw115俯瞰.JPG

接近する普通電車。
伯備線布原bw115俯瞰B.JPG

山から川べりに降りた。
ここでも腹いっぱい、山の空気を吸い川のせせらぎを聞きながら、列車を待つ。
至福の時間だ。
DD51牽引貨物列車がやってきた。
伯備線布原BWDD51貨物.JPG

381系が顔を出す。
伯備線布原381見上げる.JPG

走り去る381系。
伯備線布原BW381下から.JPG

この場所はこれ以後も何度か列車で通過はするのだが、これ以降の再訪ができていない。
噂では山の樹々が育ちすぎて俯瞰が利かなくなっているという。
だが、それでもいい。
またあの、川のせせらぎと列車の姿の至福を味わいたいものだと思う。



posted by こう@電車おやじ at 22:43| Comment(2) | 国鉄の思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月27日

京福電鉄福井支社

今、「えちぜん鉄道」となっている京福福井だが、昭和50年代当時はとても元気な鉄道だった。
僕が訪問するのはいつも福井鉄道のついでになってしまっていて、まともにきちんと記録していないのが今思えば残念極まりない。

だが、京福福井には南海や後に阪神の車両も転属していて、決して素通りできる鉄道ではなかったのである。
それ以上に隣の福井鉄道が今も昔も絶大な個性を誇っているというわけだ。
昭和50年代半ばからこの鉄道の訪問を始めた。
といっても、前述したとおり、福井鉄道のついで的な存在であることは否めない。

最初は北陸線急行の車窓から見た福井駅の様子。
デキ531、この鉄道には信越アプトのEC40がいたが、その機関車を国鉄に返還したその代車として送られたものだ。
京福福井北陸線から531.JPG

3006と254が停車している。
この3000形こそ、南海11001系の転属後の姿だ。
京福福井北陸線から3006・254.JPG

こちらは3003が見える。
北陸線でも特急列車ならばこういう写真を撮ろうとは思わないだろう。
このときは愛用していた急行「くずりゅう」の車窓だったと記憶している。
京福福井北陸線から3003.JPG

京福の福井駅。
国鉄駅からは中途半端な高さの連絡通路があったように記憶している。
意を決したかのように訪問した京福の福井駅では、そこにいるだけで興奮してしまうような車両が並んでいたものだ。
2015と251、2000形は南海1201形で、この記事の一つ前の貴志川線や、水間鉄道でも見られた。
ただ、この電車は腰の部分を濃い色合いに塗るのが似合うと当時も僕は思っていて、あまり格好良くは感じなかった。
京福福井福井2015・251斜め.JPG

こちらは2001と3003、1201系と11001系の出会いだ。
南海は製造後まだ10数年しかたっていない11001系特急車を京福に譲った。
京福は喜んだだろうが、車体が大きすぎるのか、台車などの設定が特急車としての故なのか、乗り心地はふわふわしていて、決して「良い」乗り心地ではなかった。
京福福井福井2001・3003.JPG

ホームで正面から撮影した。
京福福井福井2001・3003斜め.JPG

南海から譲られた特急車には、11001系ごく初期の貫通タイプも入っていて、ここでは湘南タイプと貫通タイプの両方を楽しむことができた。
国鉄でいえばクハ86の初期型と二次型を同時に楽しむようなものだ。
3008という車番だ。
京福福井福井3008.JPG

斜めから、南海特急車時代に戻ったかのような錯覚すら感じる。
京福福井福井3008斜め.JPG

この3001号は南海の11001系の中でも後半の湘南タイプの車両だ。
一目見た時、前面の帯が金太郎塗なのは良いとしても、帯の幅がずっと同じで南海のような繊細さを感じられず、ぞれだけで残念に思ったものだ。
京福福井福井3001.JPG



3004、南海11001系は僕にとっては最高に好きな電車5傑(南海11001、名鉄7000・7500、京阪3000、阪急6300、国鉄117)に入る電車だ。
京福福井福井3004.JPG

こちらは南海1201系からの2016、シルのところに太い帯というのは悪くはないが、この電車を古く見せると思う。
京福福井福井2016.JPG

2015、こちらも南海1201系だ。
京福福井福井2015.JPG

1002、この電車は戦後に自社発注して登場した電車で、ヘッダがないのが戦後生まれを物語る。
このすぐ後に阪神5101系の車体に乗せ換えられた。
京福福井福井1002.JPG

2015と251。
この250形は小型ながら転換クロスの気持ち良い電車で、そのデザインとともに好きになったが、永平寺線の事故により使用中止、廃車になったのは残念だ。
この251号が事故の当該車両で、当時、運転をしていた運転士の方が殉職されている。
京福福井福井2015・251斜め.JPG

252、4両あったこの形式の1両。
「急行」の看板を付けている。
鉄道模型マニアが喜びそうな小気味良い電車ではある。
京福福井福井252.JPG

さて、上記3007の列車に乗り込むのだが、この時は時間の都合で途中までの乗車となった。
その越前島橋に到着した3007だ。
京福福井島橋3007正面.JPG

電車が発車していく。
交換は右側通行だったように思う。
京福福井島橋3007発車.JPG

構内から見た駅舎。
京福福井島橋駅舎.JPG

越前島橋構内、細いホームの幅員は阪神春日野道と大差ないのではないか。
京福福井島橋構内.JPG

そこへ入ってきたのは241だ。
ホームで電車を待つ婦人の日傘が季節を表す。
京福福井島橋241.JPG


何度か訪問している鉄道で、だから撮影時期もかなり長期間に散発的になるのだけれど、これはかなり後の訪問の時の撮影だ。
勝山の駅舎。
このとき、大野も訪問しているはずだが、今はまだ原版が見つからない。
勝山の古風な佇まいには心ひかれた。
京福福井勝山駅舎.JPG

たぶん、勝山にはこのバスで来たのだろう。
大野との間を往復する京福バス。
かつて京福電鉄は大野まで路線を伸ばしていた。
京福福井勝山大野行バス.JPG

駅舎脇から電車が発車しようとしている。
253、小気味良い京福スタイルのロマンスカーだ。
京福福井勝山253.JPG

この電車の車内。
フワフワした11001系改め3000形よりはこちらのほうが線路にはあっている気がした。京福福井253車内.JPG

電車の中から見た発坂駅。
京福福井発坂駅.JPG

越前竹原では3007号に再開したが、正面デザインが大きく変化していた。
湘南型の流線形にしないのなら、貫通型のままにしてくれた方がかっこいいのに・・
京福福井3007越前竹原.JPG


地方交通が衰退し、株式公開の京福電鉄では路線が維持できない。
事故による運航中止命令の後、地元をしてその必要性に動かざるを得なくなったこの鉄道。
今では「えちぜん鉄道」として盛業中なのは頼もしい限りだ。

最後に、北陸新幹線高架を使った仮駅、福井駅に進入する国鉄119系を改造した7000形を。。
えちぜん鉄道7009福井仮駅.jpg
posted by こう@電車おやじ at 23:17| Comment(1) | 現況ルポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする