国鉄高砂工場、一般型客車の記録

今回は高砂での客車の記録だ。 20系以降の新系列客車は次の機会とし、普通列車や急行列車に使われた客車たちの工場での姿を紹介したい。 なお、一部にこれまで未公開だった写真も含まれるほか、過去に公開した写真も再スキャンのうえサイズアップして公開したい。 オハ35、戦前の標準型原型を保った美しい姿。 竜華の所属だが車両区記号は書き換えたあとがあり、和歌山か亀山からの転属だろうか。 番号不…

続きを読む

国鉄高砂工場、特急・急行気動車の記録

今回は気動車の残り、特急・急行気動車の写真だ。 まずは今、鉄道博物館で保存されているキハ81の写真から。 キハ81は、残り2両が名古屋・天王寺直通の「くろしお」で使われていた。 最後の2両は3と5だ。 今、鉄道博物館に居るキハ813から。 こちらはサイド、後ろのキハ58は全検、キハ81は廃車で入場したのに、なぜか、全検待機線に入れられていた。 で・・キハ815、このク…

続きを読む

国鉄高砂工場、一般型気動車の記録

今回は高砂工場での気動車の写真を集めてみた。 ただ、写真の数が多いので今回は一般型、郵便・荷物用途のものとしたい。 なお、あくまでも仕事の休憩時間や終業後に、ぶらりと撮影したもので、決して系統だって撮影しているわけではない点、ご容赦いただきたい。 まずは10番台気動車から。 廃車解体待ちの車両キハ17110。 キハ17、番号不明。 朱色に塗られた車両も検査切れを待たずに解…

続きを読む

下津井電鉄、小さな主役モハ1001号

下津井電鉄の鉄道線が、児島から先っぽだけ細々と営業していた頃、時々、ドライブがてら見に行ったものだ。 僕は下津井電鉄の風情は大変好きで、前にも一度、本ブログでも取り上げているけれど、今回出す写真はあくまでも散歩的な訪問のものであり、個性溢れる各車両の写真などはごく一部しか出てこない。 主人公は、モハ1001号だ。 何度か訪れたものがごっちゃになっているが、まずはカラー写真から。 場所…

続きを読む

国鉄高砂工場、郵便・荷物車の記録。

前回に引き続き国鉄高砂工場内部での写真で、今回は郵便車・荷物車だ。 これまでにも公開した写真が多いが、すべて再スキャンした。 また旧ブログですでに国鉄高砂工場シリーズは完結していたが、改めて新ブログでも記憶をたどり、出てきたネガを加えてたのでご覧いただきたいと思う。 なお、画像によりサイズが異なる場合があるのは作業の事情による。 また、当時はまともに記録をとっておらず、あいまいな記憶しか…

続きを読む